読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Appism

「ポケモンGO」「スプラトゥーン」など話題のゲーム・アプリや、漫画・音楽など自分の興味のあることをひたすら書き続けるブログです。

新型MacBook Airは4Kに対応!Appleの製品仕様ページに間違いか?

Apple Apple-Mac

http://www.flickr.com/photos/56783767@N00/2262850733

photo by dan taylor

新型MacBook Airは4K対応!

米メディアars technica によりますと、2015年verのMacBook Airは4Kに対応しており、Macの製品仕様ページに記載されている情報は誤っているとのこと。

Yes, the 2015 MacBook Air supports 4K displays at 60Hz 

ars technica

ですが、Appleは記事執筆時点でページの修正は行っていません。

MacBook Airは4K対応

f:id:tarapple:20150326095623p:plain

米メディア Ars Technica は検証を行い、独自でMacBook Airが4Kに対応することを確認したとのこと。さすが・・・。

昨年もArs Technicaは同様の検証を行いましたが、この時は対応していませんでした。

ですが、今年の検証ではDisplayPort 1.2ケーブルを用いて、60Hzで4K出力対応だったということです。(MacBook Pro/Airともに検証したとのこと)

ただし、スケーリング機能(OS X)を使った場合のみアニメーションが不安定になるなどの症状が見られるとのこと。

そしてAppleは、画素密度を調整する「スケーリング機能」を用意してくれた。システム環境設定の『ディスプレイ』ペインには、「Retinaディスプレイに最適」と「サイズ調整」という2つのオプションが用意され、そのうち「サイズ調整」を選択すると、画素密度を5段階に調整できるのだ。マイナビニュース

(スケーリング機能とは、画像密度を調整できる機能のこと。)

なぜ4K対応になったのか?

http://www.flickr.com/photos/33423611@N00/7450783896

photo by Latente 囧 www.latente.it

なぜ4K対応になったのか?

要因として挙げられるものをご紹介します。

  • DisplayPort 1.2をサポートするThunderbolt 2をMacBook Air(Pro)が新たに搭載しているから
  • DisplayPort 1.2使用で60Hz 3840×2160出力までインテルの新Broadwell-UプロセッサとGPUが、対応可能となったこと

ですが、Appleが公式でアナウンスしていないことからすると、この4K対応は意図したものではないのかもしれません。

まとめ

今僕がこの記事を書いているのも、MacBook Airです。(2012年ver)

そろそろ買い替えの時期なのかな・・・。