読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Appism

「ポケモンGO」「スプラトゥーン」など話題のゲーム・アプリや、漫画・音楽など自分の興味のあることをひたすら書き続けるブログです。

【ポケモンGO】レア度一覧表まとめと「強いポケモン」について

ゲーム・アプリ ゲーム・アプリ-ポケモンGO

f:id:tarapple:20160724025748p:plain

ポケモンGO関連のサイトで何かと出てくるのが「レア度一覧表」です。上の「コラッタ」はどこにでもいる、1番レア度の低いポケモン。

今回は、そんな「レア度一覧表」と「強いポケモン」についてまとめてみようと思います。参考になれば幸いです。

ポケモンGO レア度一覧表

数多く出回っているレア度一覧表ですが、現在最も目にする機会が多いのが「AppMedia」製作のレア度一覧表でしょう。

これを見ると

  • コラッタ
  • ポッポ
  • キャタピー
  • ビードル
  • スリープ

が最も見つけやすいと分類されています。確かに、これらのポケモンを見かける頻度は高いですね。

他にも、イーブイ・ズバット・コイキング辺りが見つけやすいポケモンのようです。

ピカチュウや御三家(ヒトカゲ・フシギダネ・ゼニガメ)は☆10に分類されているので、見つけた方は超絶ラッキーだということになるのでしょうか。

国内版レア度一覧はこっち?

一方で、こんなツイートも。現在4万回近くRTされているので、目にした方も多いと思います。

このユーザーによると、現在出回っている一覧表の多くは「海外版」とのこと。これはおそらく正解で、ほとんどの一覧表は「日本版配信前」に出回っていたor海外のサイトなどを見て作られたものです。

で、この一覧表を見てみると「捕まえやすい」ポケモンに関しては、先ほど紹介したものとの違いはあまり無いのですが

  • ピカチュウ
  • 御三家

がそこまでレアじゃない、「比較的出やすい」という評価になっています。

うーん、個人的には「スリープ」「ゴース」辺りと御三家・ピカチュウが同じレア度とは思えないのですが、これは果たしてどこまで正確なのでしょうか。

その他に関しては概ね同じですね。

レアなポケモン=強いポケモン?

レアなポケモンを捕まえると嬉しいですよね。でも、捕まえたレアポケモンが必ずしも「強いポケモン」とは限りません。

この「強いポケモン」に関しては、以下の記事でも少し触れましたが、ポケモンGOにおける「強いポケモン」とは、簡単に言ってしまえば「CP」の高いポケモン、ということになります。

CPとは、全てのポケモンが持っている「総合的な強さを示す数値」のこと。一般に、CP2000を超えるポケモンは「強い」とされています。

なぜかというと、CP2000を超えるには「サイズ」が重要になってくるから。

詳しくは上の記事を参考にして頂きたいのですが、どのポケモンでもCP2000を超えられるかというとそうではありません。

CP2000を超える可能性があるポケモンは

  • イーブイの進化先
  • ポケモン初代の最強系列(ケンタロス除く)

となっています。初代最強系列とは「カビゴン」「カイリュー」「フーディン」辺りですね。

イーブイがお手頃かつ強い

なぜイーブイの進化先と最強系列を分けたのかというと、イーブイに関しては入手難易度が圧倒的に低いからとなります。

イーブイ以外のCP2000超えポケモンは、なかなかレアなポケモンが多く、やせいではあまり目にすることはありません。

その点イーブイは、入手難易度も高くないですし、進化に必要なアメも比較的簡単に集めることが出来ます

イーブイを狙った進化先にする方法はこちらの記事をどうぞ。

まとめ

レア度一覧表については、現状「AppMedia」製のものをベースに考えて、御三家やピカチュウに関しては☆10ほどレアではないかも...程度に考えておくといいと思います。

また、強いポケモンですが、CP2000超え...というのは相当強いと捉えてもらって大丈夫です。当面の間は2000を超えていれば最前線でも十分通用するでしょう。

ポケモンGO関連記事▽

その他のポケモンGO関連記事は

からチェックしてみて下さい。1日5〜15記事程度更新中です。

この機会にスプラ&ポケGO大好きな管理人「TARA」のTwitter(@TARAM0L)もフォローしてくれると嬉しいです。ポケモンGO関連の記事をいち早くお届けします。

スプラトゥーンの話が出来る方も歓迎です。